Loading

例:犬 / 地域猫 / 災害

2015年の公募のお知らせ

第16回動物愛護キャッチコピーコンクール

第16回動物愛護キャッチコピーコンクール開催のお知らせ

2015年6月22日

本年度も動物愛護キャッチコピーコンクールを開催いたします。

テーマは、「飼う前も、飼ってからも考えよう」

人と動物の関係は大きく変わりつつあります。動物を家族の一員として考え、接する飼い主さんが増えるとともに、動物と仲良く、上手に暮らすという発想も定着しつつあります。しかし、その反面、周囲に迷惑をかけたり、動物を虐待したり、飼育を放棄してしまう事例が増えています。     

私たちは改めて、動物を迎え入れるところからその最期を看取るまで、どのようなことが必要なのか、どのように接したらよいのか、責任を持って飼育するとはどういうことなのか、よく考えてみることが必要です。日頃のお世話はもちろんのこと、病気や災害、老後への備え、周囲への配慮、虐待の防止など、人と動物が生涯にわたって安心して過ごすために大事なことです。また、そのような生活の中でお互いがかけがえのない存在となっていくことでしょう。

そこで、本年度は「飼う前も、飼ってからも考えよう」をテーマとして、キャッチコピーを募集します。  
皆様のご応募をお待ちしております。

第16回動物愛護キャッチコピーコンンクール応募規定

■目的:

動物愛護精神を広く社会に普及徹底するために、「動物愛護」のイメージとなる親しみやすいキャッチフレーズを募り、動物愛護週間中央行事の一環として発表・表彰するとともに、イベント会場などの啓発機会に広く活用する。

■主催: 公益財団法人 日本動物愛護協会

■後援: 環境省

■協賛: 平和会ペットメモリアル

■資格: どなたでも参加自由。

■作品:「飼う前も、飼ってからも考えよう」をテーマとしたキャッチコピー。 一人一作品のみ。

■応募方法: 官製ハガキもしくは本ウェブサイト下記ボタンより。

締切ました。たくさんのご応募ありがとうございました。

■内容:郵便番号・住所・氏名・年齢・性別・電話番号・作品・制作意図

■募集期間: 平成27年6月22日(月)~8月5日(水)

■締切: 平成27年8月5日(水)必着

■宛先: ハガキの場合:
    07-0062 東京都港区南青山1-15-15  乃木坂パークフロント2F     
    公益財団法人 日本動物愛護協会 TEL:03-3478-1886
     

  
■審査委員:
環境省自然環境局担当官
中川 李枝子(児童文学作家・作詞家)
井上 こみち(児童文学作家)
都築 仁子(学校法人都築学園総長)
杉山 公宏((公財)日本動物愛護協会理事長)
小池 幸一
((公財)日本動物愛護協会評議員・元フジサンケイビジネスアイ事業局次長)
平和会ペットメモリアルより1名
以上7名にて厳正審査(予定)

■賞:
環境大臣賞(全体の中で最も優秀な作品1点) 賞状及び副賞(賞金3万円)
優秀賞・日本動物愛護協会賞(若干名) 賞状及び副賞(賞金2万円)
特別賞・平和会ペットメモリアル賞(若干名) 賞状及び副賞(賞金1万円)

■表彰: 平成27年9月6日(日) 都内動物愛護週間中央行事会場にて

■著作権所属: 入賞作品の著作権は、(公財)日本動物愛護協会とする



お電話でのお問い合わせ 03-3409-1886 10:00~12:00 13:00-17:00 平日(年末年始を除く)
FAXでのお問い合わせ 03-3409-1887お問い合わせ

↑PAGE TOP