例:犬 / 地域猫 / 災害

家族として迎える場合

最後まで責任をもって一緒に過ごせますか?

自分が保護した仔猫を家族として迎えられるのであれば、週齢・月齢に合ったお世話をして成長を見守ります。
同時に、仔猫が生涯不幸にならないように、必要な医療を受けさせ、寿命を全うするまで約20年、終生愛情をもって共に過ごさなければなりません。「飼う=餌とトイレの世話」ではありません。
自分の年齢や経済状況や環境の変化によって、「飼えなくなった」では済まされません。

また、かわいそうだからとたくさんの猫を保護して、自分の生活もままならない状況を作っては、猫にとっても不幸な事であり、地域にも迷惑をかけることになりかねません。
それらを避けるためにも、よく考え、最後まで猫を幸せにする責任をもって、家族に迎えましょう。

  • ペット可住宅か?
  • 家族全員、飼うことに賛成か?
  • 家族に動物アレルギーの人はいないか?
  • 猫が年をとっても、病気になっても、寿命が来るその日までお世話をできるか?
  • お世話は365日休みなし。その時間と体力と覚悟はあるか?
  • 闘病中、持病があるなど健康に不安がないか?
  • 猫の一生にかかる費用を知っているか?
  • 経済的不安がないか?
  • 転勤、引越し、結婚など環境が変わっても一緒に連れていけるか?
  • 災害時に連れて避難できる頭数か?
  • 緊急時、代わりに飼ってくれる人がいるか?
3 仔猫3頭 空白

お電話でのお問い合わせ 03-3409-1886 10:00~12:00 13:00-17:00 平日(年末年始を除く)
FAXでのお問い合わせ 03-3409-1887

↑PAGE TOP