例:犬 / 地域猫 / 災害

状態を看る

大切なことは、とにかく「保温・哺乳・排泄」です!!

仔猫を保護したら、動物病院を受診することが必要ですが、特に緊急性の高いケースがあります。

体温が低下している仔猫

仔猫は自分で体温調節が出来ないので、放置すると急激に体温が下ってしまう為、とにかく保温!
季節に関わらず、タオルで包んだカイロや湯たんぽなどで保温しながら、早急に動物病院へ。

弱っている・ケガをしている仔猫

対応が遅れると命にかかわることもあるので、できるだけ体勢を変えず安静に、保温しながら早急に動物病院へ。

  • タオルなどでそっと包むようにすると良い。
  • 痛みがあると神経質になり、引っ掻いたり咬んだりすることがあるので注意。

へその緒が付いている・目が開いていないなど授乳期の仔猫

生後3~4週までは、ミルクだけで育つ授乳期になります。
へその緒が付いている・目が開いていない仔猫は、生後1週間未満とおもわれ、約2時間毎の授乳が必要となり、排泄も自力で出来ないので、すぐにでもお世話を始めなければならない場合もあります。
保温しながら早急に動物病院へ。

※あわせて 動物病院を受診する も参考にしましょう


保温

ダンボール箱、キャリーバッグなどにタオルやフリースを敷き、ペットボトルにお湯を入れたものや、湯たんぽ、又は簡易カイロを熱くなりすぎないようにタオルで包んで入れ、寝床を作りましょう。

  • 温度の目安はダンボール箱やキャリーバッグの中が30℃~35℃くらい。母猫に包まれているくらいの温かさ。温湿度計を入れ、チェックして保つと良い。
保温① 保温②

哺乳

成長に応じてミルクの量や回数が変わってきます。

  • 哺乳瓶、スポイト、仔猫用ミルクを用意する。人が飲む牛乳は消化できずに下痢をしたり、アレルギーを起こす場合もあるので与えない。
  • 湯せんして猫の体温(約38℃、人より少し高め)くらいに温めながらあげる。
  • 誤嚥しないよう、仰向けであげたり無理に入れたりしないこと。
哺乳 空白

排泄

本来、生後約3~4週までは、母猫が仔猫のお尻をなめて排泄させます。
人が代わりに行う時は、ミルクを飲んだらその都度排泄を促してあげる必要があります。
排泄がうまくいかないと、食欲が落ちてくることもあるので要注意です。

  • ガーゼやティッシュを少し濡らし、肛門を軽くチョンチョンチョンと刺激すると、じわっと出てくる。
  • 擦ったりせずやさしく行うこと。
排泄 空白


お電話でのお問い合わせ 03-3409-1886 10:00~12:00 13:00-17:00 平日(年末年始を除く)
FAXでのお問い合わせ 03-3409-1887

↑PAGE TOP