例:犬 / 地域猫 / 災害

母猫と仔猫を今後どうする?

保護をした猫は再び外に放つことはできません。

母猫やすぐに不妊去勢手術できない仔猫を、一度保護して何日も経ってから屋外に放すことや、元の場所に戻すこと、別の場所に放すことは、「遺棄」にあたり「犯罪」であると共に、猫にとって過酷な事です。

緊急性が高くやむを得ず保護するケースもあるでしょうが、自力では生きていけない仔猫を保護したら、不幸にならないよう家族として迎えたり、それが無理なら新しい家族を探しましょう。

状況によって様々なケースがあると思いますが、保護団体やボランティアさんに丸投げせず、ご自身で出来ることはないか考えてみましょう。


2 親子 空白

選択肢の例

ここでは大まかに3つのケースに分け、7つのパターン(A~G)の例を挙げますが、これに限らず選択肢は猫の置かれた環境や周りの人の状況によって、様々なケースが考えられます。
猫が不幸にならないような道を考えてみましょう。




お電話でのお問い合わせ 03-3409-1886 10:00~12:00 13:00-17:00 平日(年末年始を除く)
FAXでのお問い合わせ 03-3409-1887

↑PAGE TOP